BLOG

士業WEB集客ブログ

「士業名+地域名」だけでは不十分。適切なキーワードを見つける方法!

アクセスアップ

3,512 views

ネット集客は成功すれば売上や契約数を飛躍的な伸ばすことが可能で、士業界でも避けて通れない営業ツールとなっています。士業界でも多くの事務所がインバウンドサイト(集客サイト)を持っていて、事務所概要と業務内容だけのホームページでは集客を見込めない状況となっています。このような状況中で多くのライバル事務所を押しのけ、自社サイトからの集客に悪戦苦闘している方も多いと思います。

そんなWEBでの集客戦略に陥りやすい一つの失敗パターン一つあります。それが「士業名+地域名」とキーワード設定して検索エンジン上位表示をとにかく狙おうというもの。今回はそれが失敗となる理由と成功へ辿りつくための適切なキーワードを見つける方法を紹介いたします。

「士業名+地域名」で確かに増加するアクセス数

もともと「サービス名+地域名」は、アクセス数を増やすための王道パターンとされていて、ビックワード(検索ボリュームの多いキーワード)に地名を加えて上位表示を目指しているサイトも見かけます。

ビックワードである士業名に地名を加え、「大阪市 行政書士」、「港区 税理士」のようにキーワードを設定し、集客サイトが上位表示を勝ち取ると、より多くの人の目に止まることになり、確実にアクセス数は格段に増えることとなります。そのために各事務所が上位表示の座を争っていますが、争いの陰に見落とされがちな問題が存在します。

「士業名+地域名」で見落とされていること

その問題点というのが手段と目的の逆転です。ビックワードでの上位表示を成功させて、アクセス数を稼ぎたいという思いが強すぎると、いつの間にか上位表示こそが最終目的だと認識し、アクセス数を増やすこと、そこにゴールがあると勘違いしてしまいます。

しかし、士業における集客サイトの役割というのはアクセスの獲得ではなく、顧客から相談を受けて仕事に繋げることです。上位表示はあくまでも連絡を入れる可能性のある見込み客への露出を高める手段であって目的ではありません。

仮に「士業名+地域名」というキーワードで、あなたの事務所の集客サイトが上位表示を獲得しても、事務所の契約数が爆発的に増えるということは起こらないと予想されます。 これは検索される一般の方々もITリテラシーが高くなりつつあり、検索した上から順番に電話するといった行動は取らず、より専門性の高い、問題をスムーズに解決してくれそうな表現、雰囲気のサイトの方が問い合わせしやすいからです。

地域名はテールワードとして適切か?

これまでの説明を踏まえた上で必要となるのが、成約率の高いキーワードの設定です。 これは、検索のターゲットを絞り込むための追加キーワードで、「士業名+地域名」でいうと、地域名にあたるキーワードです。

弁護士のケースで考えてみましょう。仮に東京の港区に弁護士事務所を開設し、あまり深く考えずに『弁護士 東京』というキーワードを設定したとします。検索してみると、あなたの事務所の他にも多くの事務所が表示され、あなたの事務所は検索者の目に東京の弁護士事務所の一つとして映り、離婚問題や交通事故、債務整理など色々なニーズのアクセスが集まります。

そこで今度は『弁護士 港区』としてみるとライバルの数は減り、あなたの事務所が上位表示されますが、今度は他の区の人からは発見されにくくなります。

このように士業名の後にキーワードとして、地域名を持ってくるのは、専門性を求められる最近ではあまり適切ではありません。

テールワードには顧客が重要視しているポイントを

それではどういったキーワードが最適かというと、それは御社の強みをキーワードにすることです。例に得意分野が離婚問題という項目を付け加えて考えてみると「弁護士 港区」と「弁護士 慰謝料」とでは、どちらがあなたの強みを的確に捉え、検索して訪れた人の心を掴むかは明白です。

しかし、地域名のワードはまったく役に立たないというわけではありません。「弁護士慰謝料」では、日本全国の事務所が対象となってしまうので、さらに絞り込むためにロングテールワードと呼ばれる3つ目以降のワードを付ける際に地域名は有効となります。その時は、港区と細かく地域を指定するのではなく、東京とくくりを大きくし、「弁護士 東京慰謝料」とすることで、離婚問題に直面している東京都内の潜在顧客に強くアプローチすることが可能となります。

なお、地域を指定するキーワードはサイドナビやフッダーエリアに事務所住所をテキストで表記があれば本文中にそれほど意識して入れなくても十分です。

今回のまとめ

  1. 「地域名+士業名」で上位表示を勝ち取っても結果につながるとは限らない。
  2. 自分の強みを前面に打ち出せる、成約の確率を上げられるキーワードを設定する。
  3. 地域名は住所表記をテキストで表記する程度で十分。

事務所のある地域名をそのままSEO対策として利用できる上に、いかにも地域密着という感じで、効果の大きそうな「地域名+士業名」ではありますが、あなたの事務所を表すキーワードとして、もっと最適な単語があるはずです。

自分の強みを打ち出してターゲット絞り込むことはさまざまなビジネスの場において、基本とされていますが、今回のキーワード選びでも当てはまります。キーワードアドバイスツールなので検索ボリュームなどからも参考に設定してください。