インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

アクセスアップ

SEOの定番、外部施策は高リスクか? これからはインバウンド化の流れ

SEOの手段は大きく二つに分けられます。内部施策と外部施策です。内部施策とは検索エンジンに高く評価されるよう自サイトのhtmlタグを調整したりヒットさせたいキーワードを入れるなどのサイト内部を最適化することであり、外部施策とは外部のWEBサイトから自サイトへの被リンクを多く集めることです。被リンクが多いサイトは、検索エンジンから質や信用性が高いサイトだと判断されます。

近年の検索アルゴリズムの度重なる更新により、専門業者による意図的な外部施策に対するGoogleの評価方法はいっそう厳しくなりました。不自然なリンクの検出精度が年々上がってゆき、小手先だけのテクニックでは通用しなくなってきたのです。このような状況下で、いま、外部施策の在り方が問われています。そこで今回は、SEOの外部施策に焦点を当て、あらためて現状を整理した後、今後の可能性について考えてみたいと思います。

ハイリスクな外部施策

内部施策では、よほど目につく施策(例えば隠しテキストやキーワードの詰め込み)でもしない限り、Googleに目をつけられることはありません。しかし、外部施策の場合、Googleの監視の目は年々厳しくなってきているので、不正に取得した被リンクの多くは簡単に見破られてしまいます。

不正な被リンクが検索エンジンにより検出されると、そのサイトはGoogleから「スパムサイト」と位置づけられ、場合によっては、直接警告メッセージが送られ、ペナルティとして掲載順位を下げられることもあります。そのペナルティを解除するには、問題となる被リンクを外しGoogleへ再審査リクエストを送信、そのリクエストが正式に受理されなければなりません。被リンクを外していく作業は数が多ければかなりの重労働になりますし、一度ペナルティを受けてしまうと、それまでその外部施策に費やした金銭的コストや時間的コストが無駄になってしまい、大きな痛手となります。

ペナルティ解除のために被リンクを外してもらおうと、過去に依頼したSEO会社に問い合わせたところ「もう管理していないから外せない」と言われ、手詰まりになってしまうことも少なくないようです。このように、外部施策は手軽な方法であると同時に、非常に大きなリスクをはらんだ方法でもあります。そもそも、そこまでハイリスクな外部施策をこれからも続けていくべきなのでしょうか? 以下では、それについて考えていきます。

「自作自演の被リンク」は厳禁

Googleが最も嫌う不正被リンクの一つが「自作自演の被リンク」です。Googleは自社関連グループが運営するサイトでも過剰で不自然な被リンクだと判断すれば、ペナルティを課します。このように、現在の外部施策における自作自演の被リンクは徹底的に排除され、ペナルティの対象にまでなる危険性があるのです。

ここで自作自演の被リンクに該当する可能性のあるものをご紹介します。

  • SEO業者から購入した有料リンク
  • 過剰にリンクがたくさん貼られたサイトからのリンク
  • googleに認識されていないようなサイトからのリンク
  • リンクのみを目的とした相互リンク
  • 日本語以外の言語で書かれたサイトからのリンク

このリストを見ていただければ分かるように、今までグレーゾーンだった外部施策がことごとく、自作自演リンクとして位置づけられています。自発的にできることが極限まで限定されてしまった状態で、外部施策の時代は終わりを迎えたようにも見えます。

では、今後は外部施策を一切せずに内部施策のみ行うという方針でいいのでしょうか? それは得策とは言えません。なぜなら、外部施策自体のSEOの効果は今でも十分認められており、上位表示に貢献することもまた事実だからです。リスクが高いからと言って手放すのは早計です。たしかに、検索アルゴリズムの精度向上により、不自然な被リンクは弾かれやすくなり、自発的な外部施策は難しくなりましたが、「適切な被リンク」を得ることで、リスクなく大きなリターンを期待できます。

「適切な被リンク」とは「自然な被リンク」

ここで言う「適切な被リンク」とは、ユーザーが自分の意思で貼るリンク、つまり「運営側の意図が介入しない被リンク」のことです。この純粋なリンクこそ、Googleが高く評価するものであり、被リンクの本来あるべき形なのです。

この「自然な被リンク」を増やすための方法として、外部施策自体をインバウンド化する方法があります。いままでの「外部施策を(自発的に)行う」から「外部施策をユーザーに行ってもらう」という視点に切り替えるのです。インバウンド化することによって被リンクを多く集められるようになると、今までとは違った達成感も得られるはずです。そして「自然な被リンク」が増えることで以下のようなメリットも享受できます。

  • 被リンク獲得に費やす金銭的コストを削減できる
  • 自発的な外部施策ではないので、時間的コストを削減できる
  • アルゴリズムに沿った外部施策となり、表示順位の安定が見込める

今回のまとめ

  1. 外部施策への規制が厳しくなった現在、自発的な外部施策の道は狭くなる一方
  2. Googleに高評価される質のいい被リンクとは、「ユーザーが自分の意思で貼った被リンク」
  3. これからの外部施策の可能性はインバウンド化にかかっている

関連記事